キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

サイコスリラー「ジェイコブス・ラダー」精神を殺しにくる映画。あらすじ、意味、感想、ネタバレあり。

 

f:id:kishimakishima:20170606125336j:plain

 

ジェイコブス・ラダー  82/100

 

原題:Jacob's Ladder 公開:1990 上映時間:115分

 

ジェイコブス・ラダーとは旧約聖書のヤコブの梯子のことで、 天使が上り下りしている、天から地まで至る梯子、あるいは階段を意味しています。

 

キャッチコピーは、

人は、一日に一歩ずつ『ジェイコブの階段』を登っている。

です。中々いかしてますね。

 

ジャンルはホラー・サイコスリラーです。怖いです。精神的な怖さです。

気分が落ち込みやすい人は見ない方がいいでしょう。

(本記事には写真を載せています。グロテスクが苦手な方は読まないでください)

 

 

 

あらすじ

1971年、ベトナム。

兵士として戦争に参加していたジェイコブス・シンガーは、仲間と共に休憩していたが、突如敵兵に襲われる。

そんな中で仲間の数人が痙攣をし始めたり、大声をあげながら独楽のようにくるくる回り始める。

ジャングルへと逃げたジェイコブスだが、腹を刺されて倒れてしまう。

 

目がさめるとジェイコブスはニューヨークの地下鉄にいた。

昔を夢に見ていたようだ。

その後からジェイコブスは幻覚や悪夢を見るようになる。

同棲中の恋人は優しいが、ジェイコブスが昔の妻と死んだ子供について話すと面白くない顔をする。

ジェイコブスは行きつけの整体院で、仲のいい整体師と話をする。

 

自分は存在しない?バケモノが恋人をレイプ?

しかし化け物が時々見えるジェイコブスは、戦争のトラウマ治療をしている病院に行くが、いつもの先生は存在しないと言われ、ジェイコブスという患者も居ないと看護師に言われる。しかもその看護師にはツノが生えていた。

 

訳がわからないジェイコブスは治療室に押し入って、部屋にいた先生から「君が探している先生は爆発事故で死んだ」と聞かされる。

 

混乱したジェイコブスは恋人に慰められ、パーティへ出かける。

おばさんに手相を見てもらいったジェイコブス。しかしおばさんは「あなたはもう死んでいる」と告げる。

 

何を言うんだとホールへ戻ると、恋人が化け物にレイプされ殺される。びっくりしたジェイコブスは叫んで倒れる。

 

ジェイコブスはベトナム戦争のことを夢に見る。目がさめると家に居た。

恋人が連れ戻してくれたが、パーティで恥をかいたと怒っている。

しかしジェイコブスに41度の熱があると知ると、医者に電電話して、氷水の風呂にジェイコブスを沈めてしまう。

 

またも気絶したジェイコブスが目覚めたのは、昔住んでいた家だった。

妻と死んだはずの三男が生きている。

ジェイコブスはお布団をかけてと言う三男を寝かしつけて、妻を抱きしめる。

一番幸せだった時代。

 

眠りから目が覚めると、氷水に沈むジェイコブス。

幸せが夢だったと知り、彼は涙を流す。

 

それからジェイコブスは悪魔や化け物調べに没頭して、ついには彼女が化け物に見えてしまい彼女は家を出てしまう。 

軍が怪しげな薬を盛っていた?

そんな時、ベトナム戦争の戦友から電話があり会うことに。

どうやら戦友も化け物を見るとか。

だがその直後、戦友は車の爆発で死ぬ。

 

ジェイコブスは葬儀で他の戦友と再会する。

 

戦争中狂った仲間も居たし、政府が何かの薬を我々に投与したと考えたジェイコブスと戦友たちは弁護士を雇うことにする。

 

だが直ぐに戦友たちは調査を止めてしまう。

 

やはり政府の陰謀に歯向かうのは無理か。

諦めないジェイコブスを、黒服の男が拉致し暴行。

なんとか逃げたジェイコブスは病院に緊急搬送される。

 

医師たちはジェイコブスをベッドに寝かせたまま、検査室に連れて行こうとするが、進めば進むほど病院が廃れて汚くなっていく。

 

 

 

おまけに精神異常をきたした患者も徘徊しはじめる。

頭を窓に打ち付ける男、人形におっぱいを飲ませる女、そして黒い布を被った下半身のない黒人はガクガクと痙攣している。

 

血濡れた臓器や、切断された手足をストレッチャーで踏みつけたどり着いた治療室。

医師たちはジェイコブスの頭を固定具で抑えつけ、眉間に注射をする、

その医師たちの中にはなんと恋人が混じっていた…。

 

f:id:kishimakishima:20170606155406j:plain

 

気がつけばどこにでもある病院のベットで横になっていた。

そこへ整体師がやって来て、ジェイコブスを病院から連れ出してくれる。

死にたくないと言うジェイコブスに、整体師は言う。

 

死に怯えながら生きると悪魔に命を奪われる。

でも死を受け入れると悪魔は天使になる。

心の準備をすればいいのだと。

 

死んだ息子が導く先

アパートに戻ったジェイコブスは、ベトナム戦争の真実を知っているという科学者に会う。なんと軍は人間の興奮を高め戦闘力をあげる薬を開発し、ジェイコブス達の部隊に投与したのだ。

科学者は闘争本能を高める薬ラダーは人間に投与すべきでなかったと悔いる。

なんと薬によりジェイコブス達の部隊は仲間同士で殺し合いをしていたのだ。

敵部隊と思っていたのは仲間だった…。

 

ジェイコブスは科学者と別れて昔家族と住んでいたアパートに向かう。部屋に入ると誰もいない。一眠りして起きると階段に死んだはずの三男がいた。

 

三男はジェイコブスの手を引き、階段を上っていく。

大丈夫だよ。

三男の笑顔。ジェイコブスが階段を上がると光が二人を包んでいった。

 

ラスト

場面はベトナム戦争へ戻る。

腹を刺されたジェイコブスは野戦病院へ担ぎ込まれたが、間もなく出血多量で死亡する。

 

そう、すべてはジェイコブスの走馬燈だったのだ。 

 

感想

文字に起こせば長くなるストーリーです。映画自体は115分ですが、場面場面のテンポが遅いので体感時間は長く感じました。

 

でも過去と現在と幻想が入り混じっているので流れるスピードは速く感じます。

家族と過ごした過去、ベトナム戦争中の今、恋人との甘い同棲という幻想。

 

それらすべてがジェイコブスにとっての走馬燈でした。

 

軍の陰謀?秘密の実験?

そんなのないですよ。夢です、夢。

 

ジェイコブス・ラダーは陰謀がテーマではないのです。

これはジェイコブス・シンガーという男が、ヤコブの梯子を上る物語です。

 

死に抗うジェイコブスを取り囲むのは悪魔やバケモノです。

これらは死に対する恐怖が具現化したものではないかと思うのです。

 

だから理不尽でめちゃくちゃ怖い造詣なのでしょう。

 

でも最後に、ジェイコブスは息子に手を引かれて階段を上ります。

天へと続くヤコブの梯子を。

 

ジェイコブスは最後には死を受け入れました。

死んだ息子の存在も大きかったでしょう。

生への執着が悪魔を生み、死を受け入れると静寂が訪れる。

 

深い映画です。

でも誰だって死ぬのは怖いし、ジェイコブスのような生への執着や葛藤がないと、安らかには死ねないと思うんです。

そんなに簡単に死は受け入れられない。

 

あの悪魔や怪物に狂わされて、家族を思い出して、苦しんだからこそ、死を受け入れられたのだとそう思います。

 

キシマの死生観

 

私も死ぬのは怖いです。お腹が痛くって気分悪くて倒れそうな時でさえ怖くて怖くてたまりません。病気かな、死ぬのかなって、考えるとパニックになります。

 

でも、本当に死にそうだった時があります。

それは小学生の時、脳炎でぶっ倒れたときです。泡をふいて痙攣していたそうです。

救急車が遅かったら半身麻痺だったと後に言われました。

 

あの倒れた時のことは今でも覚えています。スローモーションで身体が崩れ、「お母さん」と言いました。母が駆け寄る顔が見えて、その直後意識を失いました。

 

それまで体調が悪かったので「死ぬかも、倒れるかも」と毎日が怖くてたまりませんでした。親は気づいてくれず、それが余計怖かったです。

でもいざ倒れたときは「やっぱりこうなったか」と思いました。

身体から力が抜けたとき、恐怖はありませんでした。

 

安らか、とは違うかもしれませんが、嫌だ死にたくないとは思いませんでした。

あれも受け入れたことになるのかな。

 

感想のまとめ

本作「ジェイコブス・ラダー」は怪物が出てくるし、ぐちゃぐちゃの臓物、切断された手足はあるし、とにかく怖いシーンがいっぱいです。

おどろおどろしくて、不気味で、不愉快で、精神を殺しにきてます。

映画「セブン」「明日、君がいない」も吐きそうでしたが、それ以上に頭と心を揺さぶられました。

 

タイトルとパッケージに魅かれて鑑賞したのは間違いだったと思う半分、見て良かったとも思います。

 

人は、一日に一歩ずつ『ジェイコブの階段』を登っている。

キャッチコピーの通り、今この瞬間も私はヤコブの梯子(ジェイコブの階段)を上っています。苦しんだり、楽しんだりしながら。

 

また死を前にしたときすごく怖くなって、死ぬかもしれないとパニックになって、梯子を上ってきたことを走馬燈で見て、最後には死を受けいれて安らかに死ねたらいいなと思います。

あんな化け物の登場は勘弁してほしいですけどね!

 

キシマがびびった怖いシーンベスト3!

びびりでホラー映画が苦手な私なので、終始ひいひい言っていましたが、その中でも特に怖くて目をそらしたシーンを紹介します。

 

3位 恋人がレイプされるシーン

 レイプシーンがまず無理!苦手なので基本スキップします。

演技だって分かっていても吐きそうになります。

本作でもエグそうだったので飛ばしました・・・。

 

2位 目のない看護師が注射をするシーン

f:id:kishimakishima:20170606155218j:plain

 

やぱり廃病院での出来事です。怖すぎる廃病院。

クリムゾンピークに出てきそうなバケモノです。目がないというより、皮膚で覆われてます。怖い!!

しかも拘束具で固定されたジェイコブスに注射を打とうとするんです!

 異常な雰囲気と相まってすごく怖いシーンになってました。

 

 

1位 廃病院で黒人が痙攣するシーン

f:id:kishimakishima:20170606155338j:plain

 

頭に黒い布を被った下半身のない黒人が激しく痙攣するって。なんですかあれ。

怖すぎます。あのシーンだけで精神病みます。

昔見たギリシャが舞台の映画で、男が脳みそを保管する話がありまして、私にとってのトラウマ映画なんですが、あれに近しいものを感じました。

子供の時に見ていたらトラウマになっていたでしょう。

 

ほんの数秒のシーンなのに瞼に焼き付いて離れません。

 

他にも怖いシーンは沢山あります。でも不気味なシーンは飛ばしていたので、精神的ダメージは大きくはないです…。小さくもないけど。

臓器、血、化け物が苦手な方は見ちゃだめです!

 

サイレントヒルと繋がりがある!?

 

どうやら本作はゲームのサイレントヒルに多大な影響を与えたとか。

ホラーゲームは苦手なので、サイレントヒルはあまりよく知らないのですが、共通点をまとめた面白い記事を見つけたのでご紹介します。

 

ch.nicovideo.jp

 

 キャスト

監督:エイドリアン・ライン

 

ティム・ロビンス

エリザベス・ペーニャ

 ダニー・アイエロ

マット・クレイヴン

マコーレー・カルキン(ホームアーロンで注目される前のマコーレー・カルキン!可愛い!)

 

 最後に一言

ジェイコブス・ラダーは私にとってのドグラ・マグラです。エグ過ぎてまともに見るのは不可能です。

でもテーマは感慨深くて好き!

 

 

 

合わせて読みたい人気記事

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

   

 

© 2016 キシマの映画日和