キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「バーディ」鳥になりたい心を病んだ青年。あらすじ、感想、ネタバレあり。

 

f:id:kishimakishima:20170428131528j:plain

バーディ  80/100

 

原題:Birdy 公開:1984 上映時間:120分

 

精神病を患い心を閉ざした青年バーディを、親友アルが立ち直らせようとする物語

 

心を病んでしまったバーディの、鳥になりたいという願望を表現したシーンがスゴイ。

瞬きせず虚空を見る顔は、まさに抜け殻です。

 

重いストーリーですが、ぜひともネタバレを見ずに鑑賞して下さい!

 

 

 

あらすじ

1960年代。ベトナム戦争で顔に大怪我を負って前線を離れた青年アルは、昔からの親友で同じくベトナム前線を離れた青年バーディに会いに行く。

 

しかし親友バーディは軍の精神病院に入れられ、魂が抜けたように虚空を見つめている。

 

身体を縮こめて。

 

バーディは昔から、ちょっと変わっていた。

 

アルは高校生男子らしく騒ぐこと、楽しいこと、女の子が大好きなのに、バーディは異常なまでに鳥に執着し、鳥になりたがっていた。

 

鳥になりたすぎで高いところから飛んでしまい、怪我をすることもあった。

 

アルはそんな危なかっしい親友バーディを見守りつつ、一緒にバカをやっていた。

 

昔の思い出話しをするとバーディが元に戻るかもと考えたドクターは、アルにバーディを任せる。

 

アルは戦争で傷ついた自分の顔の話や、昔のバカを話す。

しかしバーディは反応しない。

ずっと部屋の空間を見つめている。

 

どんなに昔の思い出話しをしても正気に戻らないバーディに、アルは苛立つ。そしてドクターもこれ以上は無駄だと思い、アルに基地へ戻るよう言う。

 

バーディは戦場で乗っていたヘリが落ちてしまう、という体験をしていた。

人が死んで、ヘリが落ちて、空を鳥が飛ぶ。

バーディは沢山の鳥が飛ぶ空を見上げて、どうして僕は人間なんだ、鳥じゃないんだと訴えるように大声で叫ぶ。

 

f:id:kishimakishima:20170428132005j:plain

 

ラスト

アルは親友バーディを正気に戻せないことを悔やみ、戦争の恐怖も相まってかバーディを抱きしめ「ここに残る」と言う。

 

すると突然、バーディはアルの名前を呼び始める。

正気に戻ったのか?!

 

しかしドクターは信じてくれない。アルとバーディを引きはがそうとする。

アルはドクターを押しのけ、バーディと共に屋上へ逃げる。

 

そして。

屋上に上がったバーディは両手を広げて、鳥のように空へ飛んだ。

 

しかしバーディは地面へ落ちたのではなく、段差をポンと降りただけだった。

心配するアルに、バーディはどうしたの?と笑って映画は終わる。

 

感想

結末が良い。

ファイトクラブ並みに良いです。

鬱展開が好きな私としては、飛び降りたバーディが死んでしまったというオチも好きですけどね。

 

ケロリとしたバーディに戻る、というオチも中々良いエンディングだと思います。

 

何がバーディを正気に戻したのか。戦争への恐怖、兼ねてからの願望、人生への悲観。

 

様々な闇に囚われて魂を落としてしまったバーディは、

きっとアルの顔や言葉で魂を見つけて、屋上から飛び降りる事で魂を取り戻したんじゃないかなーと思いました。

 

多分バーディは暗いところにいて、アルが光を当ててくれたんじゃないかなー。

バーディにとってアルは生命線のような気がします。

  

また1960年代の雰囲気が映画に合っています。この時代の不穏さというか、暗い感じが映像だけで伝わってきます。 

バーディが危険なことをしたがるシーンの曲は、静かで恐ろしくて、観客もハラハラしてしまいます。

 

 しかしラストのけろりとしたバーディと軽快な音楽が観客をホッとさせてくれます。

 

カメラワークも昔っぽーいですが、そこも楽しめる映画です!!

 

 キャスト

f:id:kishimakishima:20170428132335j:plain

 

バーディ :マシュー・モディーン  

イケメンでかっこいい!ヌードも嫌らしくなく、丸めた身体から鳥になりたいという気持ちが伝わってきます。すごい演技でした。

 

アル・コランバト : ニコラス・ケイジ

あまり好きな俳優ではないのですが、若くてヘタレな感じが良かったです。腹筋バキバキ!

 

ワイス :ジョン・ハーキンス

アルの父 : サンディ・バロン

 

 ハンナ・ローク:カレン・ヤング

レナルディ:ブルーノ・カービー

 

 最後に一言

 バーディは、もし自分以外の何かになりたいと思った時に、見たくなるような映画でした!!

 

 

   

 

© 2016 キシマの映画日和