読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「ジュラシック・ワールド」B級と言われても違和感ないね。あらすじ、感想、ネタバレあり。

アクション映画 アカデミー賞 大人向け 子供向け 洋画

 

f:id:kishimakishima:20161123162338p:plain

 

ジュラシックワールド  50点

 

原題:Jurassic World  公開:2015年  上映時間:125分

 

 ようやく見ました、ジュラシックパークの正統続編!ジュラシックワールド!

 某サイトではコテンパに叩かれていましたが、言うほど「最悪」ではありませんでしたよ。ツッコミ箇所は多かったけれど…。

 

 というか、B級映画として見れば結構楽しめました。

 「うわー、これB級でよくあるやつだ!」という呟きが鑑賞中はよく出ましたね。

 

 

 

あらすじ

 世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。

 

 恐竜の飼育員オーウェンが警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレアは遺伝子操作によって新種の恐竜インドミナス・レックスを誕生させる。

 

 知能も高い上に共食いもする凶暴なインドミナス。

 そんな凶暴なインドミナスが脱走してしまう……。

 

 パークのCEOはインドミナス退治に出て死亡。

 民間警備会社や元軍人も出動するが死亡。

 

 そんな中、クレアの甥っ子兄弟が恐竜に狙われる。

 この甥っ子兄弟、かなり情緒不安定で見ていて面白いです。

 

 兄は高校生らしく女の子のケツを追いかけ、弟はパークを「イエーイ!」と楽しんでいるかと思ったら、急に「両親が離婚したらどうしよう」と泣き始める。

 

 そんな弟をいつもイジっていた兄は、恐竜に襲われることで弟思いの優しい兄貴になる。ここら辺の過程が省略され過ぎていて付いて行けません…。

 

 主人公のマッチョマン飼育員オーウェンは、自分がしつけた恐竜ラプトルをインドミナス・レックスにぶつける。

 

 そういや恐竜のカードバトルゲームが流行ったなー。

 

 インドミナス・レックスは最強なので、そう簡単には倒れない。

 しかしクレアおばさんは思いつく!

 

 「インドミナス・レックスは最強だけど、ティラノサウルスも強いはずよ!」

 

 ということで、ティラノサウルスの檻を開けて、インドミナスとティラノを戦わせる。ラプトルの小攻撃もあり、インドミナス・レックスは弱っていく。

 

 その時!

 騒ぎと血の匂いを嗅ぎつけて湖から跳び出してきたモササウルスにインドミナスは喰らい付かれ、水中へと引きずり込まれていったことで戦いは決着。

 

 物語は終わる…。

 

感想

  まあジュラシックパークですから。起承転結はシリーズ通して変化なしです。

 恐竜パーク楽しいな→恐竜脱走!→恐竜と戦う→人間勝つ

 本作の道筋は王道も王道なので、ストーリーの面白さはあまりないかと思います。

 

 ハリウッドが好きな要素「家族愛、兄弟愛、男女の恋愛」なんかも申し訳程度ですがあります。

 必要ないのにどうして恋愛要素とか入れたがるんでしょうね。

 

 マッチョマン飼育員とクレアおばさんのキスシーンなんて興味ないですよ。

 物語の中でひと悶着あったらなら、興味も出て来ますけど。

 

 甥っ子兄弟も、映画が終わるにつれて絆が深まっていくのですが、その過程があまりにも無くて。急に「お兄ちゃんが付いてるから大丈夫」とか言われてもですね。

 

 サスケとイタチのような深い兄弟愛を見せられても困りますが、あさーい兄弟愛なんて蛇足でしかないと感じました。

 

 映像に関してはCG綺麗ですごいなーという印象です。

 技術は進歩していくんだなー。

 

 ジュラシックパーク1、2のような、デジタルではない、アナログな映像も好きですが本作のようなCG映像も私は嫌いではありません。

 

 デジタル、アナログ、どっちも鑑賞して楽しめばそれでいいのです。

 

 しかし展開や、恐竜の怖さ、ドキドキハラハラ感は本作よりジュラシックパークの方が上でしょう。

 

 ジュラシックワールドを見ると、どうしてもジュラシックワパークを見たくなってしまいます。

 

f:id:kishimakishima:20161123162842j:plain

キャスト

オーウェン:クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『マネーボール』

クレア:ブライス・ダラス・ハワード『スパイダーマン3』『ターミネーター4』
ホスキンス:ヴィンセント・ドノフリオ『ジャッジ 裁かれる判事』
グレイ:タイ・シンプキンス『宇宙戦争』『アイアンマン3』
ザック:ニック・ロビンソン
バリー:オマール・シー『最強のふたり』『X-MEN:フューチャー&パスト』
ヘンリー・ウー博士:B・D・ウォン『ジュラシック・パーク』
マスラニ:イルファーン・カーン『スラムドッグ$ミリオネア』『めぐり逢わせのお弁当』

 

 ぶっちゃけイルファーン・カーンというインド人俳優目当てで見ました。

 中盤で死んでしまってとても残念です…。

最後に一言

  鑑賞中シャークネードを思い出してしまったのは私だけでしょうか。ディノシャークっぽいシーンもありましたね。

 

 本作「ジュラシックワールド」はB級映画のドアをノックしていますし、ジュラシックパークと比べると見劣りしてしまうのですが、それでもエンタメ映画としては楽しめる作品になっています!!

 

  暇なときにでも鑑賞してみてください。

合わせて読みたい人気記事

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com 

       

© 2016 キシマの映画日和