キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

ラブコメ好き必見!「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」あらすじ、感想、ネタバレあり。

 

f:id:kishimakishima:20161014174011j:plain

 

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 50点

 

原題:BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON 公開:2004年 上映時間:107分

 

 大ヒットした『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編。

 

 前作で素敵な恋人を得たタバコ大好き酒大好きなブリジットが、七転八倒しながら恋のゴールを目指す一風変わったストーリー。

 

 正直主人公の女性ブリジットがダメダメすぎて、見ているとイラっとするのですが、そのダメな姿に自分を重ねて共感する女性が多いのではないでしょうか。

 

 聡明な美人だけがシンデレラになれるわけではないのよ、という優しさがストーリーの基なので、本作を見て元気がでる人もいるのかもしれませんね。

 

 私キシマは俳優コリン・ファースが大好きなので本作も嫌いではないのですが、特別面白かったとは感じませんでした。一度見れば十分かなという映画です。

 

 

 

あらすじ

f:id:kishimakishima:20161014174448j:plain

 

 敏腕弁護士マークと付き合うことになった、ダメリポーターのブリジット。

 しかしマークが美人弁護士と良い仲になっているのを発見!

  浮気を疑う。

 

 しかもお付き合いしているのに、真面目なマークは結婚する気がないという。

 

 ショックを受けたブリジットは、素敵な男性であるマークの元を去る。

 

 そこでブリジットは、前作でいい雰囲気になった女たらしダニエルと仕事でタイへ行く。

 前作でふられた男が出てくるなよ!って感じだけれど、ダニエルはブリジットを口説きまくる。

 ダニエルかっこいいし、私いまフリーだし、という感じでブリジットはダニエルの誘いを受けベッドへ行く。

 

 しかしそこで現れたのはタイの美女。なんとダニエルはブリジットだけでなく他の女も誘っていたのだ。さすがプレイボーイ。

 

 やっぱりこの男はないわーとブリジットは思い帰国するのだが、なぜかカバンに麻薬が!!

 

 どうやら他の人の麻薬が紛れ込んでいたらしいが現地警察はブリジットを逮捕してしまう。さあ、どうなるお騒がせ女ブリジット!

 

 ラスト

 刑務所行きかと思われたが、ブリジットは釈放される。

 警察署から助けてくれたのは、なんとあのマークだった!さすが弁護士やる~。

 

 ブリジットはまたマークに惚れ直し、帰国後彼の元を訪ねる。

 しかしそこにいたのはマークにくっついていた美人弁護士だった。

 

 やっぱり怪しいこの二人、なんて思っていると、美人弁護士がブリジットに告白をする!マークの同僚は同性愛者だったのだ。(なんというご都合主義)

 

 美人弁護士にキスをされたブリジットはそれでもマークが好きと言い、愛を伝える。

 マークもそれに応え、ブリジットにプロポーズをするのだった。

 

 ハッピーエンド!

 

感想

 なんだこの脚本は!

 仕事や生活で摩擦の生じたカップルがなんとか障害を乗り越えるのかと思いきや早々に別れを決意するなんて。前作のお話はなんだったんだ。

 

 しかも他の男にすんなりなびくブリジット。ダメ女のストーリーだからいいのかもしれないけれど、マークが可愛そうでなりません。

 

 旅先でのトラブルから救ってくれたマークをまた好きになりヨリを戻すのも、現金な女だなーと言う印象を抱かせます。

 

 失って初めて気づく大切さ、を伝えたかったのかもしれませんが、失敗してますよ。

 しかもほとんど無理やりマークにプロポーズさせるし…。

 

 前作はユーモアがあって面白く、エンディングも感動した分、続編の出来にはがっかりですよ。いや、ギャグは面白いんですけどね。

 

 褒める点があるとしたら、それはやはりマークを演じるコリン・ファースのかっこよさでしょう。

 あんなにスマートで優しい彼氏を自分のわがままで縛りつけるなんて…。

 

 マーク、君はブリジットのどこがそんなに好きなのかねと聞きたくなりますよ。

 

 あ。演出やギャグ、役者の演技はサイコーです!

 

続編!ブリジット・ジョーンズの日記~ダメな私の最後のモテ期~秋公開!

f:id:kishimakishima:20161014174650p:plain

 

 ついに出ました!シリーズ3作目の「ブリジット・ジョーンズの日記~ダメな私の最後のモテ期~」が10月29日公開されるのです!!

 

 主演は変わらずレニー・ゼルウェガー。コリン・ファースも登場します。

 

 しかし!!ストーリーが!やばい!

 

 アラフォーになったブリジットはテレビ局の敏腕プロデューサーとして活躍していたが、私生活では未だ独身のままだった。

 彼女がかつて愛したマークは他の女性と結婚し、ダニエルは事故で亡くなってしまっていた。ある日、ブリジットはハンサムで性格も良いIT企業の社長ジャックと運命的な出会いを果たす。

 しかしその一方でマークとも再会し、2人の男性の間で揺れ動く。

 

 というあらすじ。

 ちょっと待って、前作でのプロポーズはどうなった!

 なんでブリジットとマークは結婚してないんだ!どうして新しい男が登場するとまたマークもやってくるんだ!

 

 前作のストーリーをブチ壊しにくるのが、ブリジットジョーンズの日記シリーズではあるのですが、最新作にはさすがに驚きましたよ。

 

 二人の異性から求められるのは、誰しもが想像する夢なんでしょうけど。

 ワンパターンすぎませんか??

 

 まあコリン・ファースとパトリック・デンプシーの嫉妬心丸出しの掛け合いは面白そうなので、劇場で見る予定ですが…。

 

 ご都合主義が過ぎる映画だなー、という印象は消えるのでしょうか。

 楽しみでもありますが、心配です…。 

 

最後に一言

  グダグダ感は映画「セックスアンドザシティ」を彷彿とさせる!

 でも怠け者だけど元気でパワフルなブリジットから目が離せない!

 

  「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」は恋に夢をみたい女性におすすめのラブコメ映画です!!

 

合わせて読みたい人気記事

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

   

© 2016 キシマの映画日和