読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「ハドソン川の奇跡」トムハンクスに会いました。かっこ良かったです。あらすじ、感想、ネタバレあり。

f:id:kishimakishima:20160917193220j:plain

 

ハドソン川の奇跡  70点

 

 丸の内ピカデリーで開催されたジャパンプレミアに参加し、本作を鑑賞しました。

 

 物語は主人公のサレンバーガー機長の苦悩に迫る内容でした。

 事実を元にした飛行機映画なので、派手な展開にしたり、脚色しすぎるのも無理な話なんですけどね。

 

 平坦な道を静かに走るような、さっぱりした映画です。

 

 

 

あらすじ

 2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がニューヨークの地を飛び立った。

 

 しかし離陸直後、両エンジンに鳥が侵入した。

 いわゆるバードストライクだ。

 

 上空850メートルという超低空飛行中のバードストライク、それも両エンジン故障という事故は今まで一度もない。

 

 機長は管制塔に状況を説明し、緊急着陸を求めた。

 しかしエンジンは動かない、飛行機が低空飛行すぎる理由で、近くの空港に向かうことさえ不可能だった。

 

 チェズレイ・サレンバーガー機長は瞬時の判断でハドソン川へ着陸する。

 

 着陸自体は成功したが、機内はパニック。機体は浸水していく。一月とあって気温は低い。

 

 だがたまたま付近に居た船や沿岸警備隊がすぐにかけつけ、乗客乗員155人全員が助け出された。

 

 サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

 

 英雄はなぜ容疑者になってしまったのか??

 

不時着か、墜落か。

 バードストライクによる両エンジンの推力喪失は今までになかった。

 

 サレンバーガー機長はまさに英雄、奇跡の人だ。

 だが飛行機のデータを集め、計測した国家運輸安全委員会はそうは思わなかった。

 

「ラガーディア空港、もしくはテタボロ空港に向かい着陸することが可能だったのではないか?」

 

「わざと危険な着陸方法を選び、乗員乗客を危険な目に合わせたのではないか?」

 

 コンピュータは引き返せた可能性があると答える。

 

 サレンバーガー機長は自分の選択は正しいと信じるが、マスコミの取材、委員会の厳しい詰問に激しいストレスを感じていた。

 

ラスト

 「コンピュータが出したシミュレーション結果は、コンピュータが操縦した場合にのみ適用される。

 人的ミスを認めさせたいなら、人間が操縦しているという人的要因も認めるべきだ。」

 

 サレンバーガー機長の言葉に、国家安全運輸委員会は押し黙った。

 

 その後人間がシミュレーション行った結果、サレンバーガー機長の判断は正しかったと証明された。

 

 1549便はハドソン川に着水すべくしてしたのだ。

 

 機長は言う。

 

 「乗員乗客全員が助かったのは、安全を確保したスタッフ、すぐに駆け付けて救助してくれた消防隊、沿岸警備隊、水上バスの乗員、あらゆる人間のおかげだ」と。

 

感想

f:id:kishimakishima:20160917193238j:plain

 

 サレンバーガー機長の判断は正しかったのか?

 

 本作の焦点はそこにあります。

 たぶん、現地であるアメリカでは英雄だとずーっと報道されていたのでしょう。

 

 日本ではもちろんニュースになりましたが、機長が容疑者になったとか、そんな話はやってなかったと思います。

 

 映画の最後に機長の判断が人間的に正しかったのか判明するのですが、めっちゃドキドキしましたよ。

 

 普通に引き返せたんじゃないの?

 全員助かったから結果オーライだけどさー。

 

 なんて終わり方は後味悪すぎます。

 

 結果、機長は正しかったのですが。

 

 墜落していたかもしれない、という機長の悩みやストレスは見ていて辛かったです。

 ただのパイロットが英雄になってしまう、その変化に機長の家族も困惑していましたが、まあそうですよね…。

 

 それから。

 

 マンハッタンの空を超低空飛行で飛ぶ飛行機を見た人たちはどう思ったでしょうか。

 

 またテロじゃないのか。

 

 そんな声が聞こえてきそうなシーンがありました。

 

 だからこそ、「飛行機にまつわるハッピーな出来事は久しぶり」というセリフが出てきたんだと思います。

 

 事実だからこそ、面白おかしくできないかもしれませんが、縛りがある中でも観客を引き付ける力は十分にある映画でした。

 

  本当の事故映像はあまり無かったので、気になるかたは調べてみるといいでしょう。

 

ジャパンプレミアでのキャスト 

  ここからは余談です。

  私キシマは初めて映画のプレミア試写会に参加したのですが、人がとにかく多くて驚きました。

 

 トムハンクス、アーロンエッカートを一目でいいから見たい、そんな群れが有楽町にできていました。

 

 海老蔵も来てましたけど、トムハンクスとの絡みはあんまりなかったですね。

 

 舞台あいさつもサッパリしていました。20分くらいかな。

 

 トムハンクがクリント・イーストウッド監督のマネをしたり、アーロンエッカートが舞台を降りて空席に座るなどファンサービスたっぷり、笑いのある時間を過ごせました。

 

 とても幸せな時間でした。

 

最後に一言

 トム・ハンクスは本作で三度目のオスカーを手にできるのか!?

 映画「ハドソン川の奇跡」一般公開は9月24日となります!!

 

 鑑賞後、これがアメリカで本当に起こったんだと、身震いするかもしれません。

 

合わせて読みたい人気記事

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

   

© 2016 キシマの映画日和