キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「猿の惑星 創世記」マッドサイエンティストめ!あらすじ、感想、ネタバレ。

 

f:id:kishimakishima:20160717174308j:plain

 

猿の惑星: 創世記  50/100

 

 原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES 公開2011年 上映時間:106分

 

 猿の惑星シリーズの一つ。

  アルツハイマー病の新薬を投与された天才猿と、身勝手極まりない科学者のお話。

 

 デジタル映像はすごく綺麗で、猿の動きも自然だったけれど、ストーリーがいまいち納得できませんでした。

 

 動物実験をする人間が悪い!知能を持った猿は恐ろしいよ!そんなことが言いたかったのかなー。テーマをよく掴めませんでした…。

 

 

あらすじ 

 衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作!

 舞台は現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。

 人類のごう慢さが、猿の知能を発達させてしまう要因となり、人類にとって最大の危機を巻き起こしていく。 

 

  はっきり言うと、主人公の科学者ウィルが悪いです。誰が何というと、彼のせいです。

 

 ウィルは製薬会社のいち会社員です。アルツハイマーの父を持つ彼は、新薬の研究に没頭していました。そこで出来たのが「ALZ112」という薬。

 動物実験として「ALZ112」を投与されたメス猿は知能レベルがあがり、人間の子供よりも頭が良くなってしまいました。

 

 暴れて銃殺されたそのメス猿には息子がいました。ウィルは猿にシーザーという名前を付けて、家で飼うことにします。

  

 会社の猿を家に持ち帰り育てるなんて、かなり自分勝手な科学者ですね。

 

  しかもウィル、会社の薬を盗み、父親に投与しちゃいます!

 

 おいおい!人体実験じゃねーか!!

 

 僕が研究した新薬だから大丈夫~、って感じでしょうか。

 

 確かに薬を投与されたお父さんは記憶力が戻り、アクティブになり、病気を克服します。

 

 しかし新薬に対する抵抗反応が出てしまい、お父さんは結局死んでしまいます…。

 

シーザー保護施設へ

 

 うっかり人間を襲った猿のシーザーは、霊長類保護施設に入れられます。

 そこにはバカな猿ばかり。シーザーはストレスがたまります。

 

 なんで他の猿はウホウホ言うの?怖い!というシーザーの顔は可愛かったけれど。

 

 保護施設で働くランドンは猿を乱暴に扱います。

 放水していじめたり、スタンガンでびびらせたり。

 

 でもやんちゃな飼育係ってだけで、猿をいじめ殺したり、そんな事はしません。

 

 主従関係を猿に分からせようとしていただけです。

 

 でも顔が怖いし、ハリポタでマルフォイ役を演じていたし、悪いヤツに見えてしまうんですよねー。

 

 そんなランドンは最後に、猿に殺されます。

 

 別に死ななくても物語は成り立っていたと思うのですが…。

 

f:id:kishimakishima:20160717175105j:plain

 

シーザー人間を襲う

 動物実験で猿をいじめる人間たちが許せないのか、シーザーは猿を引き連れ保護施設を脱走します。

 そして新薬会社に行き、被験体の猿を逃がし、警察に攻撃をしかけます。

 

 こえーー。

 

 しかもシーザー、喋るようになります。

 猿が喋った!!

 

 シーザーとその仲間が街で暴れまくるシーンは圧巻でした。

 力の強いゴリラが「ウホウホ」言いながら迫りくるのは怖いです。

 絶対逃げられないもん。

 

お前のせいだ!

 警察の検問を強引に突破したシーザーたちは森に逃げます。

 そこでやって来たウィルが言います。

 

「僕のせいだ、ごめんねシーザー。お家に帰ろう」

 

 今さら何言ってんだ!このヘボ科学者!

 お前のせいでシーザーは頭が良くなりすぎて「自分のアイデンティティはなんだろう?」とか考え始めたんだぞ!

  「シーザーは家族だ」とか言いながら、首輪を付けて引っ張るし。

 

 シーザーは「森が家だ。仲間もいる」と告げ、ウィルを抱きしめます。

 

 普通にしゃべるんだね、シーザー。怖いね、進化。

 

 最後にウィルはニコっと小さく笑って、映画は終わります…。

 

 いや、ニコっじゃないよ!このマッドサイエンティスト!!

 

中途半端

  登場人物に魅力的な点がなかった。

 

人間も猿も、キャラクターがたっていなかったので、感情移入ができませんでした。

 猿と人間どっちを応援したらいいのか分からなかったので、映画にのめり込むのが難しかったです。

 

 続編「猿の惑星:新世紀」も出ているそうですが、今のところ興味はないです。

 

最後に一言 

 

  エンタメ映画としては面白い!!でも猿の惑星の冠は要らなかった…。

 

   

© 2016 キシマの映画日和