キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

人間×野獣の恋!ディズニー「美女と野獣」続編、実写化、あらすじ、感想。

 

f:id:kishimakishima:20160705111047j:plain

 

美女と野獣  85/100

 

原題:Beauty and the Beast   公開:1991年   上映時間:92分

 

 ディズニーの名作映画!

 

 人間と野獣の恋、ガストンというムキムキ筋肉野郎、喋る家具。

 なんだ、なんだ?と目を引くキャラクターがいっぱいです!

 

 上映時間は短めですが、起承転結がしっかりしているので満足感があります。

 

 続編アニメもオススメです!

 

 

 

あらすじ

 簡単に言うと、

呪いをかけられ野獣になった王子様を、心優しい娘ベルが調教するラブストーリー、

です。

 

調教と言ってもムチでバシバシするわけではありません!

 

 人間であったことを忘れ、傲慢になった野獣を、ベルはやさしーく人間らしい生活に戻してやるのです。

 

例えばご飯を手づかみで食べる野獣に、フォークとナイフを使うのよ、と自分がやってみせたり。

 

本を読み聞かせたり。

 

お母さんかよ!って思わずつっこんでしまいましたが。

 

野獣は優しいベルに心を惹かれます。

 自分も優しくなりたい!ベル大好き!そんな感情が芽生えるのです。

 

 しかし野獣は乱暴で短気です。

 

 召使いの家具たちには大声を出し、お城に迷い込んだ小鳥には「うるさい!」と怒鳴ります。

 

 ベルはそんな野獣に変わってほしいと願います。

 

f:id:kishimakishima:20160705111221j:plain

 

 街ではガストンというムキムキ筋肉バカ野郎が、ベルとの結婚を望んでいました。ベルはガストンがムキムキで横暴で自己中心的なので正直キライです。

 

でもガストンはベルが美人なのでぜひとも手に入れたい。

 

 そこでガストンは、ベルを監禁している野獣を倒せば街の人は俺を崇めるし、ベルも惚れてくれるんじゃね?と考えます。

 

やっと仲良くなり、お洒落してディナーを楽しんだり、クルクル踊るようになったベルと野獣。

 

そんな幸せもつかの間、お城にガストンが攻めてきます。

 

家具たちも戦いますが、ガストンは野獣を追い詰めます!

 

 しかし野獣は身体に傷を負いながらも、ガストンをやっつけるのでした。

 

 傷のせいで憔悴しきった野獣に、ベルは「死なないで」とそっとキスをします。

 

 するとあら不思議!

 愛の力で野獣は人間の姿に戻るのです!

 

f:id:kishimakishima:20160705111150j:plain

 一つ言わせて

 人間より野獣の姿の方が良かった!!!

 

なんだよ、王子様全然かっこよくないじゃん!!

 パッとしないし。

やっぱり野獣×ベルのやり取りの方がワクワクドキドキしました。

 

まぁ、野獣のままだよ!という終わりはディズニー的には無いんでしょうね。

愛があれば見た目なんか関係ないよ!って路線もありだと思うのですが…。

 

人外×少女

最近、人外×少女の物語が流行っているように思います。

 

 「魔法使いの嫁」「とつくにの少女」「飼い主獣人とペット女子高生」など…。

 

流行っている今だからこそ、元祖!?人外×少女の物語と言ってもいい「美人と野獣」を鑑賞してみてはどうでしょうか。

 

 ↓超オススメ漫画

 

とつくにの少女 1 (BLADE COMICS)

 

続編アニメ 

 

美人と野獣には続編が存在します。

 それはベルと野獣の暮らしを描いた短編アニメ集です!

 

 美人と野獣にはまった、面白かったという人にはぜひとも続編を見て欲しいです!

 

 あの野獣とベルの可愛くて笑えるやり取り、家具たちの秘密の日常を存分に楽しめますよ!

 

あくまでパラレル的な位置づけですが;^^

 

ちなみに私のオススメは、「ベルの素敵なプレゼント」というクリスマスのお話です!

 

 実写版 

 2014年、実写版「美人と野獣」が劇場公開されました。

確かに映像や雰囲気は独特ですごかったです。フランスらしくオシャレ。

 

 でも最後までは見れませんでした。

 

 何がしたいのか、何をしようとしているのか、正直分かりませんでした。画面暗いし…。

 

調べてみると、こっちはディズニーが作った訳ではないそうです。そりゃ面白くないよね。

 

しかし!

 

2017年、エマ・ワトソンが主演でまた美人と野獣を実写化するのです!

 

こっちはディズニー制作なので安心ですね!

公開を楽しみに待ってます。

 

f:id:kishimakishima:20160705110829j:plain

 

 最後に一言

 いつまでも愛されるディズニー名作映画「美人と野獣」。

 何度見ても面白いです!

 

 合わせて読みたい人気記事

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

 

   

 

© 2016 キシマの映画日和