キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「ユナイテッド93」ハイジャックされた飛行機。テロへの抵抗。これはノンフィクション映画だ。あらすじ、感想、ネタバレあり。

f:id:kishimakishima:20160617194941j:plain

 

ユナイテッド93  50/100

 

原題:United 93  公開:2006年  上映時間:111分

 

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロでハイジャックされた4機のうち、唯一目標に達しなかったユナイテッド航空93便。

 飛行機の離陸から墜落までの機内の様子や、地上の航空関係者たちのやりとりを描いたノンフィクション映画となっています。

 

 最近テロという言葉をよく聞くようになりました。(私が注意を向けるようになっただけです)

 だからという訳ではありませんが、9.11の同時多発テロについて今一度考えようと思い、映画「ユナイテッド93」を手に取りました。

 

 しかしノンフィクションとはいえ「ユナイテッド93」は映画なので、テロへの真面目な考察ではなく、映画好きの女子大生の、映画に対する感想を書こうと思います。

 

 

 あらすじ

 2001年9月11日。大勢の乗員・乗客を乗せたユナイテッド航空93便は、離陸後にテロリストによってハイジャックされていることが判明する。やがて、その情報は搭乗者のみならず、地上にいる彼らの家族や管制塔にも伝わった。耳を疑う情報が流れ、想像を絶する恐怖に襲われながらも、機内の人々は一丸となってある決断を下す。 

 

 

 公式の資料や独自の調査、遺族の方々の証言をもとに製作されたノンフィクション映画です。

 そう言っても実際に何がどう起こったのかは、その飛行機に搭乗していた人しかしりません。

 あくまで想像、という部分は多いですが、それでも胸を締め付けられるシーンは多いです。

 

 家族に会いにユナイテッド93に乗った老夫婦、時間があったので一便早い飛行機に乗った男性、ともに訓練を受けた操縦士、だが実はテロリストだった…。

 

 誰が登場しているのか、そして離陸してからすぐ他の飛行機が次々とハイジャックされたというナレーターの説明は、時系列の把握と状況の把握に役立ちました。

 

 また世界貿易センターに飛行機がつっこむ実際の映像も流れます。

 やっぱり実際に起こった事件というだけあって、心臓がバクバクしました。

 死体が写るという事は無いんです。ビルが燃え上がり崩れるだけなんです。

 それでもすごくショッキングだったので、できれば二度と見たくないとさえ思いました…。

 

 ビルが燃えている時、ユナイテッド93はまだハイジャックされておらず、その事実を知りません。

 

 しかしテロが起こったとユナイテッド航空からの連絡を機長が受け取り、事実確認をしている時、ハイジャックが始まります。

 

 老人を刃物で殺したハイジャック犯はそのまま操縦室に押し込み、操縦士を殺します。

 機体と共にカメラが揺れるのはドキュメンタリーっぽいです。

 

 しかし乗客たちがパニックになりながらも家族に電話をするシーンは、演技だと分かっていても涙が出そうになりました。

 

 そして乗客たちは地上と連絡を取るにつれアメリカで何が起こっているのか把握します。

 このままではまたどこかにこの飛行機がつっこみ、多大な犠牲者が出るかもしれない。

 

 そう考えた乗客たちは、行動に出ます。

 

 乗客の一人、トッドの「Are you guys ready? Let's roll.(用意はいいか?やってやろうぜ)を開始の合図とし、操縦席に突入するのです。

 

 結果、飛行機はペンシルベニア州の郊外に墜落しました。

 ハイジャック犯の操縦ミス、乗客や乗員らの抵抗などが墜落した理由だそうです。

 

 もし墜落していなかったら、ハイジャック犯の目的地であるホワイトハウスに激突していたでしょう。

 

 もしかしたら乗客の中には「抵抗は止めた方がいい」と思った人もいたかもしれません。でも彼らは行動したのです。

 

 機内では聖書を朗読する人、ひたすら祈る人、泣き続ける人、家族に愛していると伝える人。多くの人間が、人生が存在していました。ですが彼らは誰一人生き残ることなく犠牲となってしまいます。

 しかしユナイテッド93便はアメリカ同時多発テロで唯一、ハイジャックされた旅客機で突入に失敗したものとなりました。

 

 映画を見終わった後、涙こそ流れませんでしたが、キリキリと胸が痛みました。 

 

 もし私がこんな目にあったら、大切な人が犠牲になったら。

 どう行動すればいいのか。どう生きればいいのか。

 

 テロに限ったことではありませんが、事故に会ったり、災害にあってもう自分は終わるかもしれないって状況になったら、最後の最後に大切な人たちに愛しているという言葉を自分の声で伝えたいなと思いました。

 

 まあそういう状況になった時にではなく、日ごろから伝えられたら一番いいんですけどね。

 

 本作を見て、9.11のテロを思い出して、安直な感想ではありますが、もっとちゃんと後悔しないように生きようと思いました。

 

 道を歩いているだけで刺されたり、傘が当たっただけで殴られたりする世の中だし、人間いつ死ぬか分かりませんもんね。

 

f:id:kishimakishima:20160617195130j:plain

 これは映画なのか?

 

 タイトルでノンフィクション映画と言っていますが、ちょっと待った。

 

 この映画、極端を言えばもっと過激に、ドラマチックに、映画らしく演出できたと思います。

 しかし「ユナイテッド93」はドキュメンタリー番組のように展開されます。

 

 そういう意味では「いかにも外国らしいテレビ番組」っぽいです。

 

 ナショナルジオグラフィックチャンネルと言えば分かりやすいでしょうか。ちょうどあんな感じで映画が進みます。

 

 アメリカ同時多発テロがどのように起こり、ユナイテッド93便には何があったのかを知る教材としてはピッタリです。

 

 なので映画というより、テレビ番組の再現ドラマって言う方がしっくりきます。

 

最後に一言

 この世から戦争が無くなることはないと分かってはいますが、それでも無くなるといいなと思わずにはいられません。

 

 あ、ちなみに映画「エアポート ユナイテッド93」とは別の作品です。内容は一緒ですが。

 

 


 

 

   

© 2016 キシマの映画日和