読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

B級映画「オクトパス」タコがでるのは最後だけ!?あらすじ、つっこみ。

コメディ サスペンス映画 午後ロー

f:id:kishimakishima:20160610183745j:plain

 

 

オクトパス  

 

原題:OCTOPUS  公開:2000年 上映時間:100分

 

 中々ド直球なタイトルですね。オクトパス。それだけでB級映画と分かるので親切ではあります。

 やはり登場するのはタコの化け物。でもただデカイだけ。

 シャークトパスのような驚きもなく、とにかく大きなタコが、潜水艦を襲うのです。

 

 それだけ。ほんとそれだけの映画です。

 

 

 

あらすじ

 

 巨大タコ豪華客船、潜水艦を襲う!!センスいかん!

 

 ほんとセンスのかけらもありません。

 放射能を浴びてしまったタコが、大きくなり、魔の水域で大暴れをするだけのストーリーです。

 

 これでサブストーリーやキャストの演技、タコの造詣がイイなら、まだ見れる映画になっていたんでしょうけど。

 

 そんなこともなく、映画「オクトパス」はB級映画の中でも駄作として名をはせています。

 

 まあすべてのB級映画がそこそこ面白かったらそれはもうB級映画ではないので、

こういうつまんない映画が存在してもいいのかなー、なんてポジティブに解釈しています。

 

 この映画、誠実に作られているかと聞かれたら、首を横に振りますけどね。

 

 模型+CGでやっつけ仕事してるので。

 

 かなり萎えるんですよ。

 

 のめり込めない映画って、感情移入もできないし、楽しめないと思います。

 

 それにタコといえば、映画「パイレーツオブカリビアン」のタコ船長が大好きなので、やはりそれに敵うタコ映画はこの世にはない!とキシマは思うのです。

 

 あと主人公がヘタレすぎてイライラしますよ(*'▽')

 

ロッテントマトの評価

 

 本国アメリカの映画酷評サイト、ロッテントマトでは★★☆☆☆でした。

 「この映画最高だぜ!Fooooo!」という人は一人もいませんでしたね。

 

 

 最後に一言

 

  あー、タコキムチが食べたい!

 

合わせて読みたい人気記事 

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

 

   

 

 

 

 

© 2016 キシマの映画日和