読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「ソロモンの偽証 後篇・裁判」重厚すぎる前半だったけど・・・。あらすじ、原作、ネタバレなし。

ヒューマンドラマ サスペンス映画 ワクワクがモヤモヤに 邦画

f:id:kishimakishima:20160518160443j:plain

 

ソロモンの偽証 後篇・裁判

 

 原作:宮部みゆき  公開:2015年   上映時間:146分

 

 前半はクライマックスへのレールを敷いただけ。

 

 さて後半はどうなるのだろう?という疑問を持って見ると拍子抜けしてしまう。

 つまりワクワクの消化不良。

 

 さらに後半は146分と長くなっているので、重い内容ゆえに途中でダレるかも。

 

 

 

あらすじ

 被告人大出俊次(清水尋也)の出廷拒否により校内裁判の開廷が危ぶまれる中、神原和彦(板垣瑞生)は大出の出廷に全力を尽くす。

 同様に藤野涼子(藤野涼子)も浅井松子(富田望生)の死後、沈黙を続ける三宅樹理(石井杏奈)に証人として校内裁判に出廷するよう呼び掛ける。

 涼子は柏木卓也(望月歩)が亡くなった晩、卓也の自宅に公衆電話から4回の電話があったと知り……。 

 

 基本的に前作を見ていないと内容がよく分からないです。

 分からないまま見てもつまらない映画なので、そこは注意です! 

 

 しかし!

 

 後半の見せ場である学級裁判は、レビューサイト言われているのです。

 

「お遊戯会みたい」と。

 

 お遊戯会ですよ? なぜそう言われているのかと言えば、やはり人の死について扱っているのに、子供たちだけで解決しようとしている、学級裁判が薄い、という理由があげられています。

 

 前半の勢いが全くなく、失速してしまっている。

 

 さらに言えば、学級裁判という設定が生かされていないのかもしれません。

 

 それは次への展開の持って行き方、キャストの演技に関係があります。

 

 宮部みゆきが書いた原作の「ソロモンの偽証」は単行本515ページで6巻もあります。

 それだけ細かく、事件や人物も深く掘り下げて書かれているのです。

 

 そんな物語を4時間で収めようというのも、無理な話ですよね。

 

 ワンクールドラマで放送していたらまた違った感想があったでしょう。

 

 色々あったけど、中学生だから仕方ないよね、で済ませられる方は本作に「まあまあ良かったよ」という感想を抱くかも。

 

 ラストに感動するか、白けるかはほんと人それぞれです。

 

キャスト 

 藤野涼子
板垣瑞生
佐々木蔵之介
夏川結衣
永作博美
黒木華
小日向文世
尾野真千子

 

 本作でデビューし、役名を芸名とした主演の藤野涼子をはじめ、生徒役となる主要出演者はオーディションによって演技経験を問わず選定されました。

 1クラス分の生徒役を選ぶため、オーディションは日本映画史上最大規模のオーディションになりました。

 

 まあ演技経験問わずなので、キャストには期待しない方がいいです。

 味のある演技だよ、とか間の撮り方が素晴らしい!とか。

 そんなものは無いので。

 良く言えば、若々しい子供たちの率直な演技が見られます。

 

 最後に一言

  この映画はいったい誰に向けられて制作されたのでしょう?

 サスペンス好きの中高生かな。

 

  


 

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

 

 

 

© 2016 キシマの映画日和