読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

メールで発展する恋愛!?映画「ユーガットメール」あらすじ、感想、ネタバレあり。

 

f:id:kishimakishima:20160513155210j:plain

 

 

ユー・ガット・メール          75/100

 

 

 何度も見たくなる!

 トム・ハンクスとメグ・ライアンが送るラブストーリー。

 

 顔の知らない人とメールをやり取りするストーリーは、現代の人にも馴染みやすいです。

 しかし古いパソコンや本屋の雰囲気にはどこか懐かしささえ感じます。

 

 つまり「ユー・ガット・メール」はどんな年代の人でも楽しめる恋愛映画なのです!!

 

 

 

あらすじ

 

ニューヨークの片隅で、小さな絵本専門店「街角の小さな本屋さん」を経営しているキャスリーン(メグ・ライアン)。彼女はインターネットで知り合ったハンドルネーム「NY152」の彼とのメールのやり取りに夢中だ。

 

 そんな時、キャスリーンの店のすぐ側に、カフェを併設した値引き商法の大型書店「フォックス・ブックス」が開店。どんどん客は奪われ売上は落ち続ける。このままではキャスリーンの店は潰されてしまう。

 

 そしてなんと大型書店を開店したジョー(トム・ハンクス)こそがNY152だったのだ!

 

 

 相手が誰かわからない状況でのメールってドキドキしますよね。(相手がいい人に限りますが)

 

 でもまったく知らない人だからこそ、言えることもあると思います。

 

 キャスリーンはメールの相手が自分の本屋を潰そうとしているジョーだと知らずに、楽しくメールをするのです

 もちろんジョーもメールの相手がキャスリーンだとは知りません。

 

 知っているのは映画を見ている視聴者だけ

 

 この状況を作り出し我々を映画に引き込む演出はアッパレです。

 

 ネット上では仲良しのキャスリ-ンとジョーですが、実際会うと敵対し、時にはお互いを傷つけてしまいます。

 

 個人的には多少仲良しでも、ビジネスでは敵。ネットでは言いたいこと言えるけど、実際はうまく言えない。

 

 こういったリアルさが、映画にはたくさん散りばめられているので、大いに共感できます。

 

 そして視聴者は二人の距離にもどかしさを覚え、ガンバレと応援したくなるのです。

 

 しかしコッテコテのラブストーリーというわけではなく、コメディ要素もあるので、笑いあり涙ありの映画に仕上がっています。

 

オチ

 

 最後はちょっとあっけないです。

 でもジョー(トム・ハンクス)の優しさがキャスリーンをハッピーエンディングに導いてくれます。

 

 

好きなシーン

 

 ジョーがメールの相手はキャスリーンだと気づくシーン。

 あんなにいやな女が、実はネット上で思いをはせる女性と同じ人物だと気づいたトム・ハンクスの顔が好きです。

 

 心に抱く複雑な感情を感じ取れました。

 

 やっぱりトム・ハンクスは最高です!

 

こんなひとにおすすめ

 

  恋愛中の人も、そうじゃない人も楽しめるハッピー映画です!

 洋画独特の無駄なエッチなシーンも無いので、家族でもご覧になれますよ!

 

 最後に一言

 

 現実でのネットでの出会いなんて犯罪に巻き込まれる等ろくなもんじゃないが、それはそれ、これはこれ。

 

 つっこみどころはいっぱいありますが、素直にエンタメ映画として楽しみましょう!

 

kishimamovie.hatenablog.com

 

 

© 2016 キシマの映画日和