キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

映画「白雪姫殺人事件」 あらすじ、感想、つっこみ。

f:id:kishimakishima:20160401155521j:plain

 

 

 

白雪姫殺人事件

 

 2014年に公開された邦画です。

 

原作は湊かなえの小説となっております。漫画化もされています!

ディズニーの白雪姫とは全く関係ないのです。

 

上映時間は126分です。

 

 

 

 

あらすじ

 

  化粧品会社の美人OLが滅多刺しにされ殺される!!犯人はその事件以降行方をくらましている同会社所属の美姫とニュースで報道される。

 ヒートアップするニュース、SNS。

 果てして犯人は美姫なのか??それとも…。

 

 

 ソーシャルメディアの本質について少しだけ触れている本作品。

 

これを見れば集団心理についても理解できるかもしれません。

 

ストーリー的には「ああ、良かった」で終わるので見た後のモヤモヤはあまりありませんでした。

 

ムカつくアイツにも制裁が下るのでいい終わり方だと思います。

 

犯人も意外な人なので、ミステリーとして見ても面白いですよ。

 

 エンタメ映画なので期待しすぎは禁物ですが…。

 

 総合的にみても、邦画にしては面白い!と言える映画だと思います。

 

 一回見ればいいかな、という感じですが・・・。

 

 

キャスト

 

井上真央

綾野剛

奈々緒

貫地谷しほり

蓮佛美沙子

 

 奈々緒さんは最近のりにのっていますね。

 ドラマ「サイレーン」では日本人版レクター博士なんて言われてましたが、

 

 そんなわけあるかい!!

 

 と思ってしまいました…。いや、すごく素敵な役だったんですがね。

 

 レクター博士と比べちゃダメでしょう。

 

 演技も役割も全然違います。

 

 この映画での奈々緒さんも、よくいる奈々緒さんって感じです。

 

 役者の演技については特に期待しない方がいいかと。

 

 ヘタでもなく上手でもないので。

 

 普通に楽しめる映画となっています。

 

 

 最後にひとこと、

 

「綾野剛さんの役!!めっちゃむかつくんじゃ!!!」

 

 

 視聴する人は、登場人物によって話の内容が変化するので、そこに注目です。

 (人は見たい物しかみないんですね)

 

 

白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)

 

 

 

 

 

© 2016 キシマの映画日和