読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キシマの映画日和

映画大好き女子大生です。映画の感想や情報を掲載します。新しい映画から古い映画まで。主に洋画が好きです。

ディカプリオがようやく主演男優賞受賞した映画「レヴェナント・蘇りし者」とは??公開中!

 

f:id:kishimakishima:20160311121537j:plain

 

 レヴェナント・蘇りし者

 ~事実に基づく物語~

  

 キャッチコピーは「復讐の先に、何があるのか」「愛は死んだ。悲しみだけが生きている」です。

 

 今年のアカデミー賞では、レオナルド・ディカプリオ主演男優賞を受賞しました!

 5度のノミネートでようやく受賞できました!やりまりた!

 

 映画自体は監督賞・撮影賞を受賞しています!

 

 ゴールデングローブ賞では、主演男優賞・作品賞・監督賞を獲得しています。

 

 

 ということで、最近よく聞くこの映画ですが、

 

 内容やどこが評価されたのか、知らない人は多いと思うのです。

 

 詳しい内容は続きを読むから。

 

 

 

 

 

 

 

 「レヴェナント・蘇りし者」

 アメリカでは2015年公開の、ウエスタン伝記映画です。

 監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

  2015年のアカデミー賞作品賞を受賞したバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の監督でもあります。

 今乗りに乗っている監督と言っていいかもしれません。

 

 

ストーリー

 

 最愛の息子を殺され、、極寒の地に放置された男。

 過酷なサバイバルの果てに彼を待つものとは!?

 

 公式サイトからの引用です。

 

 ラストには予想を裏切る結末が待っている、と書いてありましたが…。

 ソコを押している映画ではないので、そんなに奇天烈びっくりな結末ではないかなと予想しています…。

 

 

 ではこの映画、何を押しているのか??

 

 それは、サバイバル映像です。

 

 映画レヴェナントは、マイナス20℃の極寒の地でロケが行われました。

 

 さらに、人工的な照明を一切使わない、自然光のみでの撮影を行っているんです。

 

 主人公ハンターの生きざま、息子を殺した奴らへの復讐心、自然の摂理を映像で魅せているんですね。

 

 さらにさらにこの映画、セリフが少ないんです。

 ガチャガチャ派手な映画というより、静と動を感じる映画という気がします。

 

 なのでリアルな自然映像、過酷なロケ地で撮影をしたキャストの頑張りが評価されたのかーと思います。

 

 

 

 公式サイトにはメイキングムービーもあります。気になる方はチェックです。

 

 

 ちなみに日本での公開日は、4月22日金曜日です!!!!

 

 勇ましくてワイルドなディカプリオが見たい方、 ハンターの生き様を映像美と共に感じたい方は映画館へゴーですよ!

 

最後に一言…。

 

 

f:id:kishimakishima:20160311121425j:plain

 

「音楽を担当しているのは坂本龍一さんですよ!!」

 

 

 この事実をもっともっとアピールしたら、映画レヴェナントがもっと近い存在になると思うんですよね。そうなったらアカデミー賞、映画自体への関心にもつながると思うのです…。

 

 

© 2016 キシマの映画日和